初めてフルマラソン大会に参加しようと思った時に、どんな大会に参加すれば良いのか迷う人も多いと思います。

実は、フルマラソンには「完走しやすい大会」というのがあります。

まだフルマラソンに出場したことがないマラソン初心者は、その「完走しやすい大会」に出場することをおすすめします。

初心者におすすめのマラソン大会3つの条件

初心者向けのマラソン大会には3つ条件があります。

具体的にいうと、

  • 制限時間が長いこと(6時間以上)
  • 人気のあるマラソン大会
  • アップダウンが少ない

詳しくご紹介いたします。

制限時間が長い大会に出場する

当たり前ですが、制限時間が長ければその分完走しやすくなります。

具体的には、制限時間7時間以上の大会が良いでしょう。

もし、お住いの地域になかったり、あっても抽選が外れたりタイミング合わなかったという場合は制限時間6時間の大会に参加しましょう。6時間なら結構ありますので。

ところで、フルマラソンを6時間や7時間以内で完走するにはどのくらいのペースで走れば良いのか分かりますか?

7時間以内→およそ時速6.5キロ(9分13秒/km)
※実際にこのペースでいくと6時間29分で完走

6時間以内→およそ時速7.5キロ(8分00秒/km)
※実際にこのペースでいくと5時間37分で完走

ピンとこないと思いますが、時速6.5キロは早歩きくらいの速度、時速7.5キロはゆっくりのジョギングペースです。

制限時間をたっぷり使ってゆっくりペースで走りましょう。

人気のあるマラソン大会に出場する

でも、ちょっと待って!「6時間も7時間も走ってられないよ!」「考えただけで気が遠くなりそう…」と思う人も多いと思います。

でも、ご安心ください。その心配はまずありません。

なぜかというと、市民マラソンというのは、お祭りのようにとても盛り上がります。沿道からの応援・声援も凄くて、テンションが上がり、6時間、7時間が退屈で長いというよりは充実した時間に感じます。

途中きつい時は、まだかな~と思いますが沿道の応援が励みなります。

東京マラソンなんかは、沿道で音楽演奏やダンス、民俗芸能などのイベントも開かれてますからね!

フルマラソンですので、途中で足が痛いとか苦しいことはあるでしょう。ですが、時間が長いなとか早く終わりたいというような気分にはならないと思います。

それがフルマラソンです。

ですので、参加人数が多くて人気があるマラソン大会に出場するといいでしょう。

人気のマラソン大会は以下のサイトに載っているので参考になると思います。

参考:市民マラソン参加人数ランキング(5,000人以上)

アップダウンが激しい大会は避ける

坂が多いアップダウンが激しい大会を避けるのも大きなポイントです。

歩いているときはほとんど気にならないゆるやかな上り坂であっても、走ると物凄く辛かったりします。下りは下りで脚に負担がかかり、自然とペースが上がるため、脚への負担が結構かかり、その後のペースダウンに繋がり、最悪の場合リタイアになってしまうかもしれません。

だいたいのマラソン大会は公式サイトにコースマップが掲載されており、アップダウン情報が載っているので、事前にチェックするといいでしょう。

具体的な初心者向けマラソン大会は?

初心者向けの完走しやすいマラソン大会は「制限時間が長いこと」「人気のあるマラソン大会」「アップダウンが少ない」の3つとお伝えしました。

この3つの条件が揃った具体的な大会名をいくつかご紹介いたします。

  • 東京マラソン
  • 大阪マラソン
  • 横浜マラソン
  • かすみがうらマラソン
  • 名古屋ウィメンズマラソン
  • 神戸マラソン
  • おかやまマラソン
  • 板橋Cityマラソン
  • 福岡マラソン
  • 富山マラソン
  • 新潟シティマラソン

初めてフルマラソンに挑戦するときは、このような大会に参加することをお勧めします!

【無料レポート】初めてのフルマラソン完走法
マラソンバナー

この無料レポートを読むと次の事が分かります。

  • 初心者が初マラソンで選ぶべき大会の条件
  • 初マラソンの走るペースの目安
  • 実は走る練習より大事な〇〇トレーニング
  • 膝や腰を痛めずに走る為のポイント
  • フルマラソンを完走するための主要グッズ 等

 

「NHKおはよう日本!」「ミヤネ屋」をはじめ、多数のメディアに出演したスポーツ科学の専門家が、運動生理学に基づいた初心者のための正しいフルマラソン練習法を、無料でお届けします!

おすすめの記事